物件引渡し当日にまさかの…

ブログ ミセス・リビング

このブログをご覧の紳士、淑女の皆様、

 

ボンジュ〜ル。

 

フランシス・ポッコリ・KENです。

 

先日人間ドックで脂肪肝と言われました。

フォアグラ・KENと名乗るべきか?

 

悩みは尽きません。

 

さて、今日は土地の引渡の為、残代金の決済を行わせて頂くべく、朝から銀行さんにやって参りました〜😄

 

イェ〜イ!👍

 

やった〜!

 

長かった〜!

 

振り返ってみると、今回の土地は、地目は畑ですが、地主さんのお話に拠ると、岩盤質の為、耕作に向かず戦後は資材置場として何十年も貸していたそうです。

 

私も資材置場の状況を確認しました。

 

しかも、税金はキッチリと宅地値段で請求が来ているとのこと。

 

それならばと言うことで、役所へ出向き農地では無いことを証明して貰おうと申請しました。

 

1ヶ月後。

 

まさかの不許可。

 

「耕作出来るでしょ?」

 

との事。

 

坪数は、僅か30坪。

 

地面は10cm掘れば岩盤。

 

「おい!ふざけるな!!

 

こんな土地で収穫できる作物が有るなら、

 

お前やってみろよ!」

 

と、言ってやりましたよ。

 

心の中で。

 

翌月に今度は農地法5条の許可申請を行い、約2ヶ月後、ようやく許可がおりました。

 

ここまで3ヶ月。

 

許可後も色々、設計の変更や金融機関との調整で時間が掛かりようやく、今日の日を迎えたのです。

 

ここまで約5ヶ月。

 

イェ〜イ!👍

やった〜!

長かった〜!

 

今日で全て完了です。

 

事前に売主様、買主様への準備物の連絡も済ませ、銀行、司法書士とのスケジュール調整、伝票作成も終え準備万端。

 

 

「本日は、お忙しいところお越し頂き、誠にありがとうございます。」

 

挨拶を済ませ、ご持参頂いた権利証や書類のチェック。

 

と、そこで事件が!

 

売主様:

「アレ?おっかしいなぁ〜、印鑑証明書がない」

 

バビョーン!

 

肝心要の書類が無いのです。

 

無いと言うより、家にワスレタ。

 

コレが無いと所有権移転が出来ませんので、申し訳有りませんが、取りに戻って頂きました。

 

往復50分程の距離でしたが、5ヶ月待ったのですから、コレ位。

 

あたし待つわ。

 

いつまでも待つわ。

 

イヤイヤイヤ!

 

いつ迄も待てませんがな。

 

アミンも痺れを切らしてまうで。

 

予定より1時間近く遅れましたが、無事お引渡しが出来ました👍

 

色々有りましたが、本日は無事引渡しまで行えて良かったです。

 

T様、M様、本日は誠にありがとうございました。

 

今後とも宜しくお願い致します😄

 

 

 


LINEで送る