泰期の棲家 チラ見せ

売戸建 ミセス・リビング

本日、比嘉に続いて連投となりますが「泰期の棲家」(たいきのすみか)の足場がようやく外れましたので、少しだけですが写真をアップいたします。

まずは、「泰期の棲家」のシンボルである外観。
CGデッサン外観
上の写真は2階のリビング部分と繋がるバルコニーですが、採光と通風を確保しながら、プライバシーの確保を考慮したデザインです。
外から見えにくく、雨もかかり難いため、洗濯物も干せます。主婦の味方!
実は、「泰期の棲家」=棲む(潜んでいるイメージ)のネーミングは、このデザインからイメージしました。
別の角度から
手前味噌ですが、シンプルで洗練されたデザインだと思いませんか?
こちらは、工事中のリビングの高窓です。
工事中の照明の無い状況でもやはり明るいです。
窓は、高い場所に有る程採光には有利なのですが、天窓にすると雨漏りするリスクが高くなります。
しっかりと施工し、定期的に保守点検を行えば大丈夫なのですが、やはり高窓がメンテナンスや
保守管理などの面では有利だと思います。
施工業者様へ確認した所、「今月中には仕上ます」との心強いお言葉を頂きましたので、スタッフ一同、完成をとても楽しみにしています。
この「泰期の棲家」ですが、細部までこだわって創っています。
デザイン、設計をご担当していただいているのは、女性設計士として読谷村内外でご活躍されているアトリエKUU建築工房の羽生 幸美さんにご依頼いたしました。
アトリエKUU建築工房
女性らしい細やかな気遣いと、洗練されたデザイン、主婦ならではの目線で設計をされるので、奥様方から絶大な人気を誇る設計士さんです。
現在、住宅購入をご検討の方は、是非一度、この「泰期の棲家」をご内覧ください。
ご内覧予約受付:098-923-2981
担当:知名・比嘉まで
ご案内は2月下旬~3月上旬を予定しております。
既にご内覧のご予約を頂いたお客様は、今暫くお待ちください。
ご案内の準備が整い次第、順次ご連絡を差し上げます。
Posted by Ken

Comment

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。